BLOG ブログ

わが家のお掃除

コンロ前のタイル壁をスッキリきれいにする方法

毎日、使ったらすぐに拭いていているのに、日に日に黄ばむタイル目地…

どうすればきれいになるのか~まずはご覧ください♪

目次

連休の最終日は「おうちのメンテナンスday」



こんにちは

*和歌山の整理収納アドバイザー・インテリアコーディネーター・お掃除スペシャリスト*

暮らしかたスタイリストの
にでがわひろよです

連休中はいかがお過ごしでしたか?

私は、お墓参り~各実家へ訪問
それと、自分メンテナンスもしっかりとしました♪

最終日の今日は、
おうちメンテナンスday♪

気になっていたけど放置していた汚れに着手しました

我が家のキッチンは、コンロ前の壁がタイル張り



以前プロのカメラマンさんに撮っていただいた
わが家のキッチン

7年前にリフォームした際に、L型キッチンから収納をバッサリ減らした
アイランドキッチンにしました

コンロ前の壁はそのまま残し、真っ白なタイルを張ってもらいました
敢えて面倒なタイルのしたのは、掃除の促進と見た目の可愛さ♥

毎日使った後は、【すぐに拭く】を徹底しています

が....。

7年の間、徐々に目地が油汚れで黄ばんできました

キッチン汚れの大半は「酸性=油汚れ」



油汚れが酸化し、時間経過で目地は黄ばんでしまい、
普段使っているセスキ炭酸ソーダでは落ちなくなっていました

セスキ炭酸ソーダは油汚れ強いのですが、タイルの油汚れと違って
目地の汚れは落ちづらく、徐々に汚れが蓄積してしまっていました。

頑固な油汚れには「強アルカリ性洗剤」



今回、目地の黄ばみ落としに使ったのは

◎キッチン泡ハイター
◎タイル目地ブラシ

このタイル目地ブラシは本当に秀逸で、クリンネスト2級講座でも
イチオシのお掃除道具としてお勧めしています

それと、注意事項として
塩素系漂白剤を使う際は、換気と手袋をお忘れなく!

洗剤はブラシに付けて、ピンポイントに塗布



何気に、スプレーボトルから直接シュッシュッとしがちですが
これは間違い!

正しくは、ブラシに泡を付けて塗布します

●その理由は

◎ピンポイントに洗剤が付かず効き目が半減
◎洗剤が空気中に飛散し、健康と環境に良くない
◎洗剤の節約

今まで普通にやっていたことですが、気づけば納得ですね♪

お掃除すると、汚れと一緒に気持ちもスッキリ♪



目地にブラシで洗剤を塗布し、時間をおいて丁寧に拭きとれば、
こんなに真っ白に。

ずっと気になっていたことがクリアになって、気持ちもスッキリ♪

こんなに簡単にキレイになるんだったら、もっと早くすればよかった~~(笑)

皆さんも『気がかりをクリアにする』を是非♪


#今日もご機嫌さんな1日


最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

お掃除スペシャリストクリンネスト2級講座(オンライン)



お掃除についてもっと詳しく学びたい方、お掃除をお仕事にしたい方は
こちらのご受講をオススメ

SHARE

ブログ一覧